CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
 

「Tokyo Fortress」

いよいよ明後日4月20日私「町田誠也」、
人生初の「クラブイベントTokyo Fortress」という奴に招かれたのですが、
DJもしませんし、歌も歌いません(笑)

 

友人でキチガイでラジオ作家・MCなどを手掛けるイギリス系クォーターNaz Chrisから誘われて、
良く分からないイベントに参加する事になりました(笑)

 

このイベント、主宰陣が概ね狂っているので(笑)
平日の夜に朝まで開催と言う「誰をターゲットにしてんだよ?」
と言う無謀で謎なイベントです。

 

なんだか、「カッコいい大人」みたいな事がテーマらしいのですが
私、みうらじゅんさん、高田純次さんのような自由な大人ではありますが
カッコよくはありません!!
まぁ自由にゆるーくやらせて頂きます。

 

でまぁ何をするのかと言いますと、
東京・原宿-千駄ヶ谷のど真ん中にそびえる3層構造の秘密基地
『bonobo』2Fのオシャレな畳の部屋で「トークライブ」をして欲しいとの事なのです。

 

 

僕の中ではかつてやっておりましたネット番組
『アルナン2』の出張公開放送みたいなイメージですかね。
後は最近出てませんがロフトプラスワンのトークイベントみたいな感じ?
生でしか喋れないようなアンダーグラウンドなトークをぶちかましますね(笑)
完全にアウェイなんですけど先日の「1ピース」で知り合ったイギリス系ハーフ「maica」ちゃんを

(※ベッキーではありません)

「アシスタント」に「栄養」に朝まで頑張るぞ!!と思っております。

 

1FがDJやライブなのに対して2Fはトークって事みたいなので
2Fを町田のホームにするために遊びにいらしてくださいませ!!

15席ぐらいの小さな空間です、かつてない程近い距離感なので
観客の方も巻き込みつつトーク出来たらと思っております。

 

「タモリ倶楽部」よりもゆるーく、
「たかじんnoばぁ〜」よりも切り込んでお送りできればと思っております(笑)

 

《Time Table》

(1F)


------------------------
(20:00-open)
20:00-21:00 DJ Koji Nakamura
21:00-22:00 DJ Watusi
22:00-23:00 Bim Bom Bam楽団
------
23:00-0:00 Music Selector 華恵
0:00-1:00 Music Selector 井手麻理子
1:00-2:00 DJ Naz Chris
2:00-3:00 DJ koji Nakamura
3:00-4:00 DJ Venus Kawamura Yuki
4:00-5:00 DJ Watusi
------
(2F)
20:00 BGM
20:45-21:45 町田誠也 & Naz Chris talk session(アシスタントmaica)

 

劇団:新感線を経て、自身が主宰する
R:MIXにおいて数々の演劇作品を手がけ、
俳優としても活躍、KREVAの音楽劇
「最高はひとつじゃない」の作演出を手がけた
町田誠也とサプライズゲストがー、

 

イベント主宰でキチガイ、イギリス系クォーターNaz Chrisと

アシスタントでキチガイ、イギリス系ハーフのmaicaが
普段は司会者側の町田誠也に切り込むとの事!

かかって来い!!

 

21:45- BGM (Open Booth)

 

23:00-24:00 町田誠也 & Bim Bom Bam楽団Ohyama & Naz Chris(アシスタントmaica)

 

2015年春頃、元PE’ZのトランぺッターOhyama”B.M.W.”Wataruと、日本におけるジャズマヌーシュの第一人者であるギタリスト手島大輔を中心に結成。フランス由来のジャズマヌーシュをはじめ、様々なジプシーサウンドを取り入れ、現代の音楽としてポップなジャズを作り、活動中のBBB楽団を相手に音楽の成績は悪くなかった町田誠也が質問責めに!!

 

0:00-1:00 町田誠也 & 華恵 & Watusi & koji Nakamura & Naz Chris(アシスタントmaica)

 

『小学生日記』を出版して話題を集め、近年はラジオパーソナリティとしても活躍中の華恵&イベント主宰チームに対して空気を読まない町田誠也が容赦なく切り込む!

 

1:00-2:00 町田誠也 & 井出麻理子 & Watusi & koji Nakamura (アシスタントmaica)

 

アーティスト活動20周年を迎えたavexの黎明期を支えたシンガー井手麻理子と主宰チームに対して日本が誇る変態演出家で俳優の町田誠也が深夜ならではの容赦のないトークを!

 

2:00-3:00 町田誠也 & VENUS KAWAMURA YUKI & Watusi & Naz Chris (アシスタントmaica)

 

OIRAN MUSIC主宰にして渋谷道玄坂のウォームアップバー"しぶや花魁 OIRAN"の代表を務めるVENUS KAWAMURA YUKIと主宰チームに対して、日本の恥部!作家で演出家で俳優の町田誠也がグダグダトークをぶちかます!

 

 

(Terrasse)

 

chill out time all hour!!
------------

どうでしょう?

割と出ずっぱりです・・・
そして多分、面白いです(笑)

 

20:45からは僕に対して鋭い質問が切り込まれるっぽいですが、
億さず答えて参ります!!

 

子供の頃に深夜のラジオを聞いて「大人って楽しそうだなぁ」って思った感覚を、そのまま人生を楽しんでいる僕が好き勝手に喋る気持ちで送ります。
オブラートは無しです(笑)

 

トークのテーマとかわかりませんが、多分僕の昔話から始まって、馬鹿な話になると思います。

入場料は2000円で1ドリンクと言う経験のない金額ですが、1000円ちょっとで生で町田と話せると思ったら安いもんです。
折角の畳の部屋らしいので、「緑茶」でも振る舞いながら茶飲み談義を展開出来たら楽しいなぁと考えております!!

 

生きることに疲れている方、原宿が比較的近い方、

退屈されている方、是非お越しくださいませ!!

 

https://www.facebook.com/events/1826343237617908/?ti=icl
 

| 町田誠也 | 20:45 | comments(0) | - |
4月と6月のお話

町田のファンもとい、ファンの振りをして仕方なくご覧頂けてる方。
R:MIXのファンもとい、惰性でなんとなくご覧頂けている方。
町田の付き合いもとい、町田に先輩風吹かされて嫌々付き合ってくださっている方。
皆様に告知とお願いがございます。

 

6月公演は僕が演出舞台としては避け続けて来た「下北沢」(笑)
だって、演劇の人が演劇の町で「えんげき」やって演劇人みたいな格好して居酒屋で飲んでたら、そりゃ売れないだろ?って若い頃から思っていたので、ある種の封印を解いての「下北沢」です。
けど、全然似つかわしくないテーマで送ります。

 

6月公演タイトルは「Fehde〜針の尖〜」ドイツ語ですね、意味は自分で調べてください(笑)
R:MIXでは劇団時代にやっていた「必殺シリーズ」に位置するような作品です。物語の構成は必殺仕事人的なベースにのっとりながらも、全然そうは進まない残酷な物語です。大人を意識したビターな感じ。
2017年6月21日〜25日下北沢Geki地下Libertyにて、出演者などはまた発表あると思いますが。
舞台は西暦2000年末に起こったある凄惨な殺人事件のその後を追う形で進みます。もちろんフィクションですが、町田なりの解釈と思って楽しんで頂ければと思っています。

 

ー西暦2000年年末に起きた凄惨な一家殺人事件。全てはそこから始まったー

時効撤廃によって継続する事件だが、
その後も捜査は何ら進展を見なかった・・・
裏社会に身を置く存在しない事にされた男。
そして事件の実行犯である存在を失った男。
謎に包まれた暗殺者。
そして暗躍する組織。

 

「大体僕は死刑反対だ・・・」

 

17年を経て解る陰謀と殺意が過去を暴き、不幸の連鎖が人を復讐の深淵へと巻き込んでいく。

「悪の報いは針の尖」「針の上で天使は何人踊れるか?」

全てを知った時、物語は宿命と言う名のドラマが幕を開け
そして報いと言う名の結末を迎える…

 

一方で今月お願いされて
20日に人生初の「クラブイベント」という奴に招かれたのですが、
DJもしませんし、歌いません(笑)

 

なにやら2Fのオシャレな畳の部屋で「トークライブ」をして欲しいとの事です。
ついさっきまでやっていた初の打合せで(笑)
なんだか色々決まってきた風ですが、

 

僕の中では「出張『アルナン2』」みたいなイメージです。
ネットで中継しても面白いですけどね。

 

けどまぁ、放送はハードルあるので、
生でしか喋れないようなアンダーグラウンドなトークをぶちかましますね(笑)
完全にアウェイなんですけど、

 

1FがDJやライブなのに対して2Fはトークって事みたいなので
2Fを町田のホームにするために遊びにいらしてくださいませ!!

 

多分、面白いです(笑)
僕に対して鋭い質問が切り込まれるっぽいですが、
億さず答えて参ります!!

 

子供の頃に深夜のラジオを聞いて「大人って楽しそうだなぁ」って思った感覚を、そのまま人生を楽しんでいる僕が好き勝手に喋る気持ちで送ります。
オブラートは無しです(笑)

 

テーマとかわかりませんが、多分僕の昔話から始まって、馬鹿な話になると思います。

入場料は2000円で1ドリンクと言う経験のない金額ですが、1000円ちょっとで生で町田と話せると思ったら安いもんです。
折角の畳の部屋らしいので、地元の「緑茶」でも振る舞いながら茶飲み談義を展開出来たら楽しいなぁと考えております!!

 

https://www.facebook.com/events/1826343237617908/?ti=icl

| 町田誠也 | 20:17 | comments(0) | - |
1ピース

まぁ、演出家の仕事に比べたら出演ってのは負担は少ないんですけどね。

やっぱり他の仕事と掛け持ちながら出演して

知り合った若手の話を聞いたりとか、食事に行ったりみたいな事をしていると

時間は驚くほど無くなりますね・・・

 

大分、メンバーの事がわかって来た気がします。

ぶっちゃけ、一部の人としかじっくりは喋っていないので
稽古場の様子から伝わる情報だけですが、
演出家の席にいる時とは異なり、斜めに見ている時は町田の観察眼の真骨頂なので
きっとそんなに外していないとも思っています。
面白い人も色々いますね。
普通だなぁって人も勿論います(笑)
普通じゃダメな世界なので普通で真面目で一生懸命は困っちゃうんですけどね(笑)
なんかダンスもやることに・・・
本当に少しですけどね(苦笑)
台詞もなんとなく馴染んできたかなぁ・・・
そんな中、短編の脚本を描いたり、
打合せに呼ばれたりと様々ですが、
まぁ「1ピース」順調に本番に近づいております。
観に来ていただいたら笑うんだろうなぁ・・・
町田誠也ってガチガチのおっさんが翻弄しているのか
翻弄されているのか・・・
まぁ、変な仕事してますよ。
けど、まぁ飛び道具としてちゃんとやりますので
良かったらお越しくださいね!!
| 町田誠也 | 20:02 | comments(0) | - |
顔合せの話「1ピース」その1

午前中からの打合せを終えて、稽古場についたのは既に夕方。

そこには昼過ぎから稽古していた若者たちと一人のおじさんが居た。
知らない稽古場であったこともあって面喰ったが、
今月はここへ足しげく通う事になる。
みんなはかなり遅れて現れた薔薇をまとった獣を観て驚いていた。
「誰???」って感じで。
即、紹介されてみんなの自己紹介を受ける。
目まぐるしすぎて覚えられるわけがない!!
そして直ちに本読み。
そう、演劇界における稽古初日は「顔合せ」といって
諸々の説明や紹介を受けたら本読みをするのだ。
勿論僕はみんなより3時間以上遅れての登場だから
いろんなものが端折られてすぐに本読み。
しかーし!!
僕はまだこの期に及んで「本を読んでいなかった」
うろたえるハゲ。
僕が役柄において「兄貴」と呼ぶ事になるこれからのコンビ
「紫木風太(むらきふうた)」さんが隣でニヤニヤしている。
だって僕、どのページから出番があるのかも把握していないのだ。
みんなの読むページを追いながら
必死に自分の出番のページを探る・・・
みんなは既に手慣れたように本を読むが、
僕は何しろ初見である。
稽古初日に初見とはゆゆしきことだが、仕方がない。
そのぐらい色々急に決まったのだから(笑)
「兄貴」である24歳の若者にニヤニヤとみられながら、
懸命に本を読む町田はどうにか手探りでその場を乗り切った。
すると次は21時まで稽古と聞いていたのが
すぐに決起会として飲みに流れることに。
そう、明らかに町田待ちであったようだ・・・
終ったら早めに帰ろうなんて思っていたのが面喰う、
断れるわけもない・・・
飲み屋に行く道も若者たちの質問攻めにあう。
特にヒロインの横川ユカさんが珍獣を見るかの様に距離が近い・・・
おじさん怯む、逃げ出したくなる。
なにせこの公演女優みんなハーフである。
顔が濃い、眼が強い、ちょっと距離を詰めるまでの時間が早い(笑)
横川さんもそうだが、イギリスとスペインが混じったmaicaさんはベッキーみたいな顔をして面白い。
木村飛鳥さんは「ジャイアン」の声優木村昴さんの妹で
ドイツの血が混じったジャイ子である(笑)
でもなんだかとても気がいい感じがする。
主演の杉江優篤(まさひろ)さんには
「初めまして!」と挨拶をしてしまったら
3年前に書き下ろしたオクタリアの話「言いたい・・・だけだから」に
出演してくれたいたから、初めてどころかガッツリ飲んだこともあったみたいだ。
演出の高橋優太さんはめんどくさいだろうに
とても親切に接してくれて、うっかり朝6時まで一緒にいてしまった(笑)
素敵な仲間となるかもしれない。
楽しみである。

ヒエロマネジメントproduce公演

 『1ピース(イチピース)』

 

作・演出:高橋優太

会場:中目黒ウッディーシアター

〒153−0051

東京都中目黒上目黒2−43−5 キャトルセゾンB1

TEL:03-3791-6566

公演日程:2017年3/23(木)〜3/26(日)

23日(木)19:00

24日(金)14:00/19:00

25日(土)14:00/19:00

26日(日)13:00/17:00

公演数:全7回

 

受付開始は開演の45分前、会場は開演の30分前となります。

チケット料金:前売り¥3,900— 当日¥4,200—(全席自由)

 

チケット発売日:2017年1月9日(月)19時〜

【予約フォーム】

http://ticket.corich.jp/apply/80558/002/

 

 

○あらすじ

人生の〈小さな奇跡の物語〉

ある劇団があった。その劇団の名は〈1ピース〉。どこにでもあるような普通の劇団。しかし劇団に存続の悩みはつきもの。徐々に衰退の道を辿っていった。そして本公演5回目の打ち上げにてその劇団員古町は悩んでいた。

「俺達は弱い…。強くなるんだ…」

そして古町は決意をする。

「半年後、この劇場で!!」

しかし3か月後。

「なあ、この劇団無理じゃね?」「もう先輩と住む世界は違うんすよ」「実は私はN459星から来ました」「ごめーん☆300万勝手に使ったわ」「あなた消えますよ…」「このクソブタ野郎が!!」「あんぱんってなんかエロいですよね」

事態は思わぬ事態に運び、劇団員達は、お互いの秘密を知ることになるーー!

訂正しよう!このお話はちょっと馬鹿な人達が巻き起こすちょっと心が温まる話である!!

 

【キャスト】

杉江優篤

井藤瞬

横川ユカ

大野清志

中條孝紀(ZERO BEAT.)

斉藤潤樹(GOOSE  Egg theater)

新田見直登

maica

米村拓彰(居酒屋ベースボール)

紫木風太

本多一生

木村飛鳥

西村侑樹(ZERO BEAT./ 演劇商店 若櫻)

 

町田誠也

 

 

制作プロデューサー:斎藤貴裕

企画・制作:ヒエロマネジメント(https://1piece.amebaownd.com/)

問合せ:zerobeat.2017@gmail.com

| - | 19:37 | comments(0) | - |
町田誠也出演情報(笑)

各方面より問い合わせを頂けているので
いい加減に情報をまとめることとします。


2月の24日、僕は新感線時代の後輩で人生の先輩であるタイソン大屋さんと、

6月公演のプロデューサーで俳優の中條孝紀さんと15時半から打合せを兼ねて飲んでいた。

(そう、町田の新作は6月上演なのである)

 

そして21時半ぐらいだろうか、
飲み始めて6時間量にして2リットルを超えたころだろうか?

 

中條さんが突然口にした
「町田さん怒らないで聞いてくださいね、
若手の公演みたいなのに友情出演みたいな感じで出てもらう事とかって出来ますか?」

 

僕はかなり酔っぱらって上機嫌だった事もあり
「いいよ、いつ?綺麗な女優さんとかいるの?」
ぐらいのかなーり軽い返事を返してしまった・・・

 

翌日の午前中、脚本も読まずに出演を決めた事、
他のスケジュールを圧迫してしまうかもと不安でいっぱいになってかなりの後悔をした。

 

頂いた資料にはタイトルがあった「1ピース」
は?
で、このキービジュアルである・・・

 

 

 

ふざけている。
大丈夫だろうか?


自分はとんでもない軽い返事をしてしまったのではないだろうか?
しかし中條さんとは6月の公演で作演出を引き受けている事もあって、
引くに引けない状態にあった・・・

 

酔っぱらって仕事を受けてはいけません(笑)
脚本を読まずに仕事を受けてはいけません(笑)

 

もう、初歩の初歩、昔の僕に怒られるような話なのだ。
けどね、引き返せないなら進むしかない。
若い友人を増やしに行けばいい。
若い仲間に可愛がられて増える仕事もあるかもしれない。

 

そしてついに昨日稽古に行ってきました。
ぶっちぎりの遅刻をする僕に、若いメンバーたちは優しく、
温かかった・・・
おじさん、頑張ります(笑)

 

タイトルは「1ピース(いちぴーす)」ワンピースでは無かった、
お話は全然海賊とか関係なくて、
若い劇団がバタバタするコメディであった。
僕はその中に飛び道具として放り込まれた、
野獣みたいな感じで、演じることになった。

 

若い男の子たちはイケメンぞろいだった。
若い女の子たちは何故か全員ハーフだった(笑)
だからみんな顔が濃い!!
濃いよ!!
僕も薄まらないようにそこは頑張るのです。

 

3月23日から26日とあっと言う間に本番はやってきて
あっと言う間に終わってしまう。
中目黒ウッディシアター、演出したことはあるが出た事は無い劇場である。
何もかもが新しい、
若い友人たちを作る為、
せめて小さな尊敬を勝ち取る為、
ちゃんとしようと思いました。
来てください!!


https://1piece.amebaownd.com/

| - | 19:04 | comments(0) | - |
町田誠也演劇公演新作のお話

そして昨日は町田の新作演劇の打合せをしてまいりましたよ。

27年ぐらい描いてますが、やっぱり初稿を人に読ませるときはドキドキしますし、その感想を聞きつつの打合せって、全然慣れませんね・・・

 

えっと、結論から申し上げますが「大好評」でした。

町田らしくない?社会派な演劇でございまして、
物語は現代、そしてとある大きな事件を題材に扱ったものを描かせて頂きました。

 

1月の後半はもうほぼ毎日デスクに向かってイライラしながら描いていたのですが、

そのイライラは報われ、主宰の喜ぶ顔にすっかり安心した町田でございました。

 

いやね、面白いとは思っているんですよ。
けどね、やっぱり初めての団体に作品を提出すると
「好み」の問題って絶対出て来ますからね・・・

 

例えば昨年一昨年と好評でした「継承」なんかでもあれ、
提出したプランで言うと「三本目」でしたからね(笑)

 

後は本番に向けて脚本はブラッシュアップし、
演出をソリッドにするために、各スタッフと打合せを重ねることになるのですが、
どんな座組でいつの公演になる事か・・・

 

その辺の詳細はまた後日!!

けれどもご期待くださいませ!!
古いR:MIXファンも喜べるそんな作品になりましたよ!!

ご期待ください!!

| 町田誠也 | 17:03 | comments(0) | - |