CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
 

<< 役者紹介&配役紹介9 | main | Fehde〜針の尖〜終りました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
役者紹介&配役紹介10(最終回のはず)

稽古13日目を終えました。

明日で稽古終了という事もあり、
今日は僕なんかの稽古で必死でした。


まぁ、仕方ないのですが、
作演出の仕事が優先になるので
稽古の参加が昨日の夜からで、
それはもううろ覚えの台詞で恥かきながら
稽古致しましたよ。

 

こんなの、普段絶対見せないんですけどね(笑)

 

おろおろする地上げ屋から、
ちゃんと喋る地上げ屋になるように
精進いたしますね!!


さて、そんな夜は最終回と思いつつ
最後にこの方を紹介したいと思います。

 

本作「Fehde〜針の尖〜」の主宰で座長の、

「中條(ちゅうじょう)孝紀」さんです!!

 

中條さんは不器用を全身で描いたような所を持つ
肉体派の俳優で、勢いを失うと
その魅力の半分が失われる稀有な俳優であります(笑)

 

細かい芝居も上手いんですが、
それは大体自分じゃない役の芝居の時に発揮されていて、
自分の役の時には、無いはずの慎重さをフル回転して
無駄な丁寧さを披露しようと致します(笑)

 

うどん県の出身の方で、
なまり劇団「ZERO BEAT」でも屈指のなまりを見せることが多く、
音響監督もする町田からはイントネーションを指摘される回数で
ワースト1・2を争う人です。

 

しかも元々、ガチガチのヤンキーなので
すぐ巻き舌音を発揮したがり、
熱がこもるとヤンキーになるという、
残念な癖も持っております。

 

更には、身体の固さが全身からにじみ出ており、
割と、ガチガチな芝居になりやすい傾向も
持っているのであります。

 

けど、けどね。

この人の魅力が、結局ZERO BEATなんだよなぁ。

 

無駄に熱くて人たらしで、
誰よりも真っ直ぐで、
そして熱量も含めて真剣そのもの。

 

運動会に来たお父さんみたいに熱心で、
なりふり構わずぶつかってくるその姿勢に
全てのキャストが動かされているのであります。

 

稽古初日の公約は
「禁酒」でしたが、そんなの中国や韓国やロシアの約束以下で
速攻飲んでましたし、

 

誰よりも酒席で盛り上がりつつ、
それでいて終始気を配り続けるプロデューサー体質の塊だったりします。

 

その熱さと配慮が、
団体旗揚げからベテラン勢を取り込んだり、
俳優たちの不満を抑え込んだりと、
八面六臂の活躍なのであります。

 

まぁ、うちの特設ページのコメントにも書きましたが

http://www.rmix.net/news/news18.html
僕自身この人に口説かれなければ
到底やらなかった公演です。

 

そしてやると決まった後は
この人の腹の括り方に共感して
一切の手抜き無しでの取り組みに邁進させられており。

 

なんで、こんなしんどい目に遭うのだろうと思いながらも、
この作品を何とかしなきゃならないなぁと
連日考えさせる熱量を持つ男なのです。

 

大体、物事は自分の為だと頑張れなくて
誰かの為だと頑張れたりするのですが、
その誰かに関する才能は、この人に匹敵する人は
中々いないかもなぁと思わせますね。

 

モノはハッキリ言いつつ、
謝る速度も速く、
礼儀正しく、それでいてポンコツな部分を
恥ずかしさゼロで見せられる。

 

まぁ、強い男ですよね・・・

 

その真っ直ぐで、それでいて意外と心の歪んだ男(笑)が演じてくれるのが
主人公の勤務する「消費者金融」というか限りなく「闇金」の会社社長で。

主人公を褒めつつ、バラバラで個性の強いメンバーを束ねて
親会社からちゃんと好かれるという
僕の中の中條さんを具現化したような役割でございます。

 

主人公の貴裕さんが、この人を超えるところに
ドラマがあるなぁと思いつつ
エンディングを描きましたが、
そんな超えるべき人物であり、
主題歌に思いっきり描かれている人物だったりします。

 

まぁドラマのエンディングは
完全にZERO BEAT単独公演の様相で
それはそれは熱のこもったシーンとなりますので
そちらも是非ご期待くださいね。

 

そして作品全体に現れている
無茶な熱量は、結局この人の熱量なんだと
みんなが感じているはずです。

 

僕もグランドラインを経験してきた海賊として
この船長の出港を、誰よりもサポートしたいと思ってしまっている
馬鹿の1人であります。

なので、今一度申し上げますが、
「是非、劇場にてこの熱量と無茶を体感してくださいませ。
まだまだチケットはございます!!」

この船出は見届けた方がいいし、

次なる船出に変わるよう、失敗させてはいかんなぁと

本当に願うわけであります。


というわけで本日で役者紹介も配役紹介も終了です。

本当にみんな魅力的ですよ!!

まだチケットが売れてないのか?可愛そうに・・・

と思った方は

「ポチ」っとしてください。

 

期待してくださって大丈夫なのであります!!

 

http://ticket.corich.jp/apply/82570/009/
 

では、明日で稽古終了です。

明日は美味しお酒で締めて、

夜中に頭を抱えながらブログを書くような地獄にならない事を切に願います。

 

そして劇場にて是非とも久しぶりの町田の暗黒と

そのスピード感を体感してくださいませ。

まだまだ面白いものを作り続けますよ!!

| 町田誠也 | 04:27 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 04:27 | - | - |