CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
 

<< 苦行4日目 | main | 6日目 >>
苦行5日目

なんでだろうね・・・

稽古を終えてさ。

 

照明・舞台監督と打合せして2時過ぎ・・・

なんでそこからこの苦行に行かなきゃいけないのか・・・

 

自分で始めたけど、ホント辛い。

だってさぁ、昨日仕事終えて帰宅したの6時だぜ?

で、6時50分起床で仕事だぜ・・・

 

で、稽古21時半までやって、今までテクニカル全般の打合せして、

寝たっていじゃない?休んだっていいじゃない!!

 

けど、今日も素敵な仲間を紹介するのであります(笑)

 

今日紹介するのはまずは「佐藤貴史」さん。

通称「サボさん」

NHK Eテレ「みいつけた」のサボさんの声と操演でお馴染みの

美声で、面白のおっさんですが。

 

いや、今回一緒にやって本当に良かった!!

 

まず起用した理由は、小柄でいい声で難しい話や、

事件の背景的な事とか上手に説明できる人を探していて。

いつもなら間違いなく「程嶋しづマ」さんにお願いするんですが、

あっちのおじさんが別の仕事抱えていて、Fehdeに引き続き「ZERO BEAT」受けてくれ無かったんです。

 

で、どうしようかなぁと思ったときに、

普段からほぼ月に一度は遊んでいる「サボさん」を思い出し電話。

 

ぶっちゃけ、サボさんと僕はアナログなゲーム仲間で、

色んなゲームをするんですけど、サボさん「町田の舞台」観たことないのよ。

まぁ、僕もあんまりプライベート友人に無理矢理誘うの好きじゃないし。

興味ある人は勝手に来るからね・・・

 

けど、ゲーム仲間たちがこっそり観に来ては絶賛するから、

町田作品、気にはしてくれていたんです。

で、オファーしてとりあえず台本送ったら大喜び!!

 

「誠也、誠也の作品は面白い面白いとは聞いていたけど、想像以上だったわ。

これメチャメチャ出たいけど、事務所に聞いたらその時期3日ぐらいしか稽古行けないかもしれない・・・」

 

と、断る方向で連絡が。

 

「は?3日出られるなら大丈夫じゃない?

俺なんかいつも2日・3日で、台詞覚えるところから全部だぜ!」

 

と話すと、

 

「え?マジで?そんなんで間に合う?」

 

と、けど

 

「演出家が大丈夫って言ってんだから断る理由は無いだろ」とねじ伏せたら出演快諾。

 

けど、やっぱりこの脚本でこの役だったら、稽古出たいと

少しでも時間あったら稽古に来るように時間を捻出してくれました。

 

なんなら、本編で一番台詞が多いにもかかわらず、一番最初に台詞も入れて来てくれて

笑っちゃうぐらい長い台詞を、立て板に水の如く話して

物語を引っ張ってくれています。

 

そう、サボさんの役「渡辺聡」は12名の殺し屋で一番頭がいい男。

佐藤貴史本人とは似ても似つかぬぐらいに頭が良くて、しかもカッコいい!!

 

物語のけん引役として物凄く全体を引っ張ってくれており、

慣れないアクションも物凄く頑張ってくださり、

メチャメチャかっこいい!!

 

俺、普段馬鹿、変態呼ばわりだけど、

ムード作りも上手いし、ちょっとしたやり取りの切り返しもセンスがあるから

演劇人「佐藤貴史」はちょっと好きになってしまったなぁ・・・

 

また必ず何か一緒にやろうと思いました。

 

続いての紹介は「三上俊」さん通称「ミカシュン」

この人も、もう本当に忙しい人で現在も同時に2本の稽古を抱えて

こちらの現場に来てくれている。

 

町田とは「ストラルドブラグ」再演で一緒になり、

以来「俺は町田芝居好きです、でも出るならR:MIXに出たいです」とずっと言ってくれている

スゲー素敵な人。

 

で、今回キャスティングでZERO BEATが困っていた際に

「R:MIXでは無いんだけど、それぐらいの熱量でやっている団体なんだ・・・」

と誘うと、快諾。

 

もう、稽古も半分ぐらい来れないのに

台詞を2番目に完璧にしてきて、

芝居も自己反復で完璧にしてくる天才。

 

いや、この人の覚えの良さは天才だと思う。

 

物凄く人間的にも良く出来ていて、

読解力も高いし、セルフプロデュースも上手い。

何より、町田の描くもののセンスを理解してくれていて、

仕事する上で物凄く楽な空気を作ってくれます。

 

今回は「神崎愁」と言う役で

ZERO BEAT旗揚げ公演では「上地慶」さんが演じており

好評を博していたから、そういう役ってやりたくないじゃないですか?

2代目とか言われちゃうし、(町田的には3代目なんだけど)

だけど、そんなのどこ吹く風で、重要な役なんでしょ?と

さらっとやって見せるし、

扱いにくい武器で、華麗に戦いも魅せてくれています。

 

僕はミカシュンのアクション初だったのでちょっと心配だったんですが

全然無用でしたね・・・

 

いや、良く動く!!

良く喋る!!

 

素晴らしい!!

この人も必ずまた一緒に仕事しなきゃいけない人ですね。

 

けど、大丈夫!!

ミカシュンは町田脚本・町田演出割と好きだから(笑)

 

そして、僕もそんなミカシュン大好きですから!!

 


http://www.rmix.net/news/news19.html

 

あーあ、チケット売れないかなぁ・・・

 

制作も含めてあらゆるセクションがパンクしていて

実数も把握できてないみたい・・・

 

けど、この作品。

割と渾身の作品なので。。。

なにせ、稽古始まって1週間殆ど寝てないし、食べてない!!

 

みるみる身体がシャープに(笑)

 

そんな寿命を削って作っている作品を、是非とも劇場にて見届けてください!!

 

| 町田誠也 | 03:01 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 03:01 | - | - |