CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS
 

<< 苦行5日目 | main | 7日目 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
6日目

今日はアクション稽古と言う事で町田はお休み。

稽古はね!!
仕事は全然終わらない・・・
能力が足りないのかもしれないし、
人望が無いのかもしれない・・・
けれど人毛は・・・確実に、無い(笑)
でも、仕上げに向けてみんなが頭を働かせ、
どうすれば良くなるかを考えられるのはいい現場ですね。
その環境をくださっている、中條さんと永田さん率いるZERO BEATさんには感謝です。
そんな中、
町田の仲間と言ったら偉そうかも知れませんが、
R:MIXで音楽を描いてくださっている方々の協力を頂けることに。
ロックマン・ブレスオブファイア・FF15の青木さん。
スマブラ、ゼノブレイド1・2の清田愛未さん。
FF11、FFCCの谷岡久美さん。
 
シーン的に静かな場面が殆どですが、
鍋嶋さんの力強いアプローチとは違うアクセントが欲しかったので
鍋嶋さんの了承の元、お三方の音楽を入れさせていただきました。
青木さん、谷岡さんは1曲、
清田さんが1曲と、鍋嶋さんの曲のオルゴールアレンジを。
本当にアクセント的ですが、
異なるテイスト感が出て素敵になったと思います。
こちらもご期待ください。
さて、本日の紹介は「藤田信宏」さんからです。
藤田さんとは「魔界の都」というR:MIXの現場で知り合って。
以来、戦友として認め合えている気がしています。
不良を前に出して割と(笑)真剣な町田に対して、
真剣を全開で出しながら、所々剽軽な藤田さんは、
まるで水と油のようであり、
周囲からも良く「なんであの二人が仲がいいのか分からない」という声も聴くのです。
いや、まぁ、そう見えるのも頷けますが。
実際、仲がいいのだから仕方がない(笑)
まぁ、それはべたべたした感じは一切ないんですけどね。
他流派の師範同士の交流に似ているかなぁ・・・
互いに抱える違う人間であるが故の、異なる悩みを共有できるイメージが近いかなぁ・・・
まぁ、尊敬ですね。
藤田さんと町田と言えば近年は「継承〜The Succession〜」という
「ダウン症を持つ方々」を主役にした「カンフーアクション」作品での
印象が強い方も多いかもしれません。
あの現場は、やっぱり色々大変でしたから。
そういう意味でもやっぱり戦友で、
あの作品の評価が高い理由の何割かは間違いなく藤田さんにあると僕は思っています。
けれど本作品は、あの最終的に柔和で強い老師とは異なり、
もうゴリゴリの出世欲を持った武人として、
悪側を支える、強い人を演じてもらっています。
なんなら、藤田さん出るって事になって、
一旦は「12名の殺し屋側」の話も町田からしたんですよ!!
けど、「町田さん今回の本を読んで実は、甲賀の頭領気に入ってしまっているんです」
と言われると、それはそれで嬉しくなってしまい・・・
物語には主に後半の登場で、非常に贅沢な起用方法ですが、
僕は彼がいてくれて本当に良かったと思っています。
高橋玲さんとの戦いも、永田彬さんとの戦いも見ものですし、
悪側に付きながら、悪側とは少し違った目線でそれをも利用しようとする
あの人物を藤田さんがどう描くのか、ご期待ください。
僕は期待どおりでしたし、とっても満足です!!
続いては「有栖川姫子」さん
今回は唯一のチャレンジ枠みたいな形での参加です。
年齢もメインの登場人物の中で一番若いし、
演じる役も彼女に寄せて描いたので、非常に特殊です(笑)
この物語は主人公チームと言うのが明確に存在していて、それはルパン的であり、
タイムボカンシリーズ的であるのですが(笑)
それとは異なる軸で物語を牽引する準主人公と、裏ヒロインが女性側に存在します。
準主人公が「浅井星光」さんで、そちらを支える「裏ヒロイン」が「有栖川姫子」さんです。
まぁ、物語始まって割とすぐに、女性に嫌われるように描いているんですが、
そこはまだまだ足りないかなぁ・・・
でも、まぁ向上心と出世欲の塊みたいな人なので、
アドバイスさえちゃんと聞いてくれれば、まっすぐ伸びて行くような気もしています。
なにせ「Fehde」以来「町田作品」の支持者になってくれているので、
まぁ僕の言葉を信じているのは嬉しいですね。
後から合流組なので、大変だとは思いますが
まぁ、練習あるのみです。
見せ場も多く、意外性たっぷりな役どころなので
どこまで振り切ってやれるのか、そこに尽きると思います。
ですが、僕が短い時間の中で知る「有栖川姫子」さんは
・基本的な地頭がいい
・物語を俯瞰で読む力がある
・宣伝を含めたセルフプロデュース能力が高い
みたいな、役者に欠落しがちな能力を確実にもっているので。
身長、顔だち、キャラクター、普段の仕事みたいな
多様な個性を上手く整理整頓して
売れる人物に育ってくれることを願ってしまうなぁ・・・
ただ、他人のことは俯瞰で見れるのに
自分の事はすぐに近眼的な目で掘り下げ始めてしまうのは悪い癖なので、
町田のアドバイスを聞きつつ、進んでもらえればまぁ大丈夫なんじゃないかなぁ・・・
慣れない武器のモーニングスター(つーか、この武器に慣れている人を見たことない)を振り回し。
(本人の希望だからね!!)
高飛車でゴスロリで、不機嫌剥き出しのキャラクターが12人の殺し屋の中で
どう振る舞うのか、是非ご期待くださいませ!!
さて、稽古も残すところ後2日。
やることも多いですがいよいよ大詰めです。
ただ、確実に言える事は
美術さんも、舞台監督も、照明も音響も、音効も・・・
スタッフ全員が「この作品大変だけど面白い」と通し稽古を見て感じてくださっています。
そう、裏側の大変さはともかく
客目線で観たら面白いし、みんな得する物語になっている気がします。
少なくとも、僕が客席に居たら興奮しちゃうなぁ・・・
いよいよ来週開幕ですので、
みなさま日程を調整の上で是非ともお越しくださいませ!!
| 町田誠也 | 03:16 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 03:16 | - | - |